Blog ブログ

ピアノさん、入庫♪

ぴあのん日記 ねずみ被害のあるピアノが入ってきましたマリオ

入庫時の点検チェックで写真を撮りましたのでアップしますカメラ

ぴあのん日記
天板にはホコリ・カビがありましたかびるんるん

ぴあのん日記
 ぴあのん日記

ぴあのん日記
 ぴあのん日記

外装はホコリとカビが酷いですが、これはクリーニングでピカピカに綺麗になりますキラキラ

右下の写真の本体角の傷は、クリーニングでは残ります汗

ここを綺麗にするには、傷修理を行えば綺麗になりますemi

ペダルは錆が酷く、金色の色はくすんでいます病院

ぴあのん日記

真鍮の上にクリアーがふってあるのですが、

現状は、点々の錆はクリアーの下で真鍮が錆ています。

また、クリアー自体にもカビが来ています。

でも、これもクリーニングで見違えりますピース

これはクリアーを一度取ってしまい、磨き上げ、金色の輝きを取り戻しますキラキラ

その上から、更にクリアーを吹きなおし、錆を来にくく仕上げますキラキラ

鍵と鍵穴、蝶番は錆ていますガイコツ

ぴあのん日記
 ぴあのん日記

でもこちらもクリーニングで金ピカキラキラに戻りますキャ 

蝶番は外して磨くので、表も裏もネジもピッカピカキラキラ

鍵盤ですピアノ*鍵盤

鍵盤の奥側は湿気により変色がありますが、こちらもクリーニングで綺麗になりますキラキラ

ぴあのん日記
ぴあのん日記

鍵盤と鍵盤押さえですピアノ*鍵盤

こちらもお掃除し、磨き上げてピカピカになりますキラッ☆

ぴあのん日記
ぴあのん日記

ぴあのん日記
鍵盤の木口が変色して反ってきています涙

ここは残念ながら材質の変色の為、クリーニングでは限度があります。

反りも見られるので、張替えをすると見栄えは見違えるほど綺麗になりますアオキラ

ただ、ここは音には支障が出る場所ではありませんニコ

ぴあのん日記
 鍵盤を外した鍵盤下側ですピアノ*鍵盤

ここはねずみの被害がある所ですねずみ

染みのようなのがおしっこの跡です。それにカビが来ていますかびるんるん

拭きあげてペーパーをかけますが、どの程度の量でどのくらい染み込んでいるかによって、

綺麗なる場合と、シミが残る場合とあります泡 

これはどこまで綺麗になるかはやってみないわからないというのが正直なところですううっ・・・

ぴあのん日記
 こちらはアップ写真カメラ

転がっているのがねずみの糞です。これは除去します。

部品も損傷がありましたガイコツ たぶん虫食いの跡かと思われますむし

ぴあのん日記
 ここも直すのであれば修理が必要ですなみだ

ここは修理したら、「整調」という作業が必然的にともなって必要となります。

弦です♪ 低音部の巻線にねずみのおしっこの跡だと思われますが、錆びて、カビています。

緑色のはカビですかびるんるん

それ以外の芯線はそんなに錆も酷くはない状態でした。

ぴあのん日記
ぴあのん日記

ピンです♪2

ぴあのん日記
 ここもそんなに錆もカビもなく、比較的綺麗な状態です。

ぴあのん日記
 内部はホコリがいっぱいですくも。

ここもクリーニングで綺麗になります星

ピアノの下側ですピアノ

ここが開くのはあまり知られていませんが、みなさんでも実は開けれるんですよウインク

ここもホコリがいっぱいです。

ぴあのん日記
 ぴあのん日記

そして、ここにペダル機構が入っています。

この管のように見えているのがペダルから繋がっていて、機能しています。

 ぴあのん日記

ここにも錆が来ています。底板にはおしっこの跡も見られました。

ぴあのん日記
 ぴあのん日記

ペダル窓の緑色のフェルトは、虫食いが激しく、ボロボロになっています。

この辺りを直すには、底板を外し、部品を全て外して磨き、直すようになります。

ピアノの音を出す大事な部分「アクション」です♪2

ぴあのん日記
ぴあのん日記

右側の写真はフレンジコードの写真です。

白いところは修理した跡です。それ以外に何本か切れている部分は修理が必要です。

茶色いコードはいずれ切れていく可能性が高いと思われます。

このように、ねずみの被害や経年劣化によって、

クリーニング以外にも修理の必要な箇所が見受けられます。

でもねずみ被害を受けているピアノにしては、木をかじった跡も無いので、

比較的被害の少ない方だと思われます。

綺麗にしてあげればこれからも十分使えるピアノですピアノ

ただやはり綺麗にするにはそれなりな工程になるので、

クリーニングや修理をするかどうか検討中ですちら・・

K様、月曜日よろしくお願いいたしますハート

—–