Blog ブログ

一寸の虫にも五分の魂

ある日の事務所にてきのこ

怪物M怪物くんが小さな虫を捕まえましたかびるんるん

(カミーと怪物Nは虫キンバエがとっても苦手苦手なので、

早めに事務所から出さないと後々大変ヒィーなことになりますうわーん

そして、事務所の外へ・・・はち

怪物M曰く


「一寸の虫にも五分の魂やからな」


(後で、辞書で調べたのだけど、どんな弱小なものにも、それ相応の意地や考えがあって、ばかにしてはいけないということのたとえらしいです紫ブタ


そして、怪物Mのお話は続きます悩む



「俺に何かあった時、この助けた虫達が俺を救ってくれるねん」




ハァ!?

いったいどうなったら、「一寸の虫にも五分の魂」が「情けは人の為ならず」とつながったのでしょう・・・

いや、「鶴の恩返し」と思ったのかタンチョウ

まぁ、いっかふーん

「蜘蛛の糸」
みたいなお話もあるわけだし困った

でもけっして、怪物Mがカンダタだと言っているわけではありませんsei

怪物くんはみんな、見た目と違い心優しいということを、伝えたいのです笑

—–